【本当は怖い足のトラブル】「足の悩み」に関するアンケート調査

アンケート結果:足のトラブルを放置している理由

「足は第2の心臓」と言われています。足は心臓から最も遠いところにあるため、心臓の働きだけでは血液が十分に届きません。

それを助けるのが、”歩行”です。歩行をしていると、足の血管の伸縮運動が活発化し、血行がよくなります。

しかし、爪の変形、外反母趾、扁平足、魚の目、タコ、水ぶくれなど、足に関するトラブルは挙げていくとキリがありません。

最近では、高齢者だけではなく、若者の中にも合わない革靴やヒール、パンプスを履くことで足のトラブルを抱えている方が多いのです。

SNS上で話題となって女性がビジネスの場でヒールやパンプスを履くことを強制する風習をなくすための運動、「#KuToo」をご存知の方も多いのではないでしょうか。

それほど深刻視されている足のトラブル。足のトラブルが発生した時、あなたはどのような処置を行いますか?

今回、在宅医療マッサージ株式会社(https://dr-nail.jp/)は、全国20代~70代の男女を対象に「足の悩みに関するアンケート調査」を実施しました。

放置してしまうと恐ろしい病気を引き起こす可能性がある足のトラブル。ぜひご参考にしてください。

調査概要 : 「足の悩み」に関するアンケート調査

調査日 2019年9月12日(木)~ 2019年9月13日(金)
調査方法 インターネット調査
調査人数 1,018人
調査対象 全国20代〜70代の男女
モニター提供先 ゼネラルリサーチ

半数以上の方が「足のトラブルを抱えたことがある」と回答!

まず、「足のトラブルを抱えたことはありますか?」という質問をしたところ、半数以上の方が『はい』と回答しました。

はいと回答した方に「どのようなトラブルですか?」と聞いてみると、『魚の目(22.5%)』『巻き爪(17.5%)』『爪水虫(14.6%)』『外反母趾(12.3%)』などが挙げられました。また、気になるその他の項目では『関節痛』や『足底筋膜炎』、『爪割れ』といったトラブルが集まりました。

痛みやかゆみが伴う症状の場合、歩きにくかったり好きな靴を履けなかったりと、日常生活に支障が生じることも。

さらに、足のトラブルがきっかけで恥をかいた&困ったことについて聞いてみると、思わず冷や汗をかいてしまうようなエピソードが挙げられました。

足のトラブルがきっかけで恥をかいた&困った時のエピソードとは…?

「足のニオイがキツすぎて、当時付き合っていた彼氏に何度目かのお家デートでフラれてしまった」(福岡県/専業主婦/20代女性)

「魚の目が痛くてじっと座っていることができずモゾモゾと動いていたら、後ろにいた人に『大丈夫ですか?』と心配され思わず赤面した」(兵庫県/専業主婦/40代女性)

「子どもに『お母さんの爪は黄色い。私の爪はキレイだよ』と言われて恥ずかしかった」(群馬県/パート・アルバイト/40代女性)

「マッサージを受ける際、ボロボロの足を見て嫌がられたことがある」(福岡県/会社員/60代男性)

足のトラブルが失恋につながってしまうこともあるなんて驚きですよね。

他人から指摘されるケースもあり、足のトラブルはしっかりと処置を行わないと深刻なコンプレックスになってしまう可能性が高いことがわかりました。
早期治療を心掛けましょう。

6割近くの方が「足のトラブルは一度の処置では完治しなかった」と回答。足のトラブルへの対処法とは…?

次に、「足のトラブルは一度の処置で完治しましたか?」という質問をしたところ、6割近くの方が『いいえ』と回答しました。

いいえと回答した方に「足のトラブルはどのように対処しましたか?」と聞いてみたところ、『自分で処置した(40.9%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『病院に行った(27.6%)』『放置した(24.4%)』と続きました。

無理な自己処置は、患部拡大や症状の悪化につながる可能性が高く、非常に危険です。

ご家族の足のトラブル、放置している理由とは…?

日常生活に関わる足のトラブルですが、高齢のご家族の場合はより心配になりますよね。
そこで、「高齢(70代以上)のご家族に足のトラブルを抱えている方はいますか?」という質問をしたところ、4割以上の方が『はい』と回答しました。

はいと回答した方に、「ご家族は足のトラブルをどのように対処していますか?」と聞いてみたところ、4割以上の方が放置、自分で処置していることがわかりました。

ご家族の処置も含めて、半数以上が放置してしまったり、専門医での処置をしていないことが分かりました。

放置している理由について聞いてみると、『処置の仕方がわからない(41.2%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『処置しなくても問題ないから(26.5%)』『面倒だから(20.6%)』『本人が処置できないから(11.7%)』と続きました。

処置の仕方がわからない、「このくらいなら大丈夫だろう」といった油断などから、足のトラブルを放置してしまう方が多いようですね。また、高齢になると握力が弱くなり、体も硬くなるため、ご自身で足のケアをするのが難しく、放置してしまうケースも多いと思います。

しかし、放置は無理な自己処置同様、患部拡大や症状の悪化につながる可能性があり、高齢者の場合は特に、歩行困難や寝たきり、細胞の壊死、切断のきっかけに…なんてことも考えられます。

そのような最悪のケースにならないためにも、フットケアのプロにご相談してみてはいかがでしょうか。

奇跡のフットケア 「ドクターネイル爪革命」

ドクターネイルのフットケア

巻き爪や肥厚爪などの厄介な足爪トラブルも、削ることで痛みをほぼ感じることなく解消することができる、『ドクターネイル爪革命』は、その技術の高さから「奇跡のフットケア」と呼ばれています。高齢者だけではなく、さまざまな爪トラブルに対応できる『トータルフットケア』です。

ここで、ドクターネイル爪革命が実際に行っている「肥厚爪」の処置について、動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか。
爪を切ることなく、削ることで爪本来の機能を損なうことなく処置を終えることができました。
高齢者向けに、店舗だけではなく、施設での出張施術も可能です。

ドクターネイル爪革命の肥厚爪ケアの特徴

ドクターネイル爪革命で使用している専用マシンはポータブル型となっているため、施設などへの出張サービスが可能です。
また、専用マシンを使用することで清潔に処置を行うことができ、高齢者にとっても施術者にとっても安全に処置が可能です。

水と空気を噴射しながら、丁寧に削る

ドクターネイル爪革命では、当社開発のオリジナルマシンを使い、水と空気を噴射しながら丁寧に厚くなった爪を削っていきます。爪の形状を確認しながら研磨する用途に合わせてマシンの先につけるアタッチメントも変更しながらケアを行います。

痛くない

足爪ケアに対して専門知識を持つ有資格者が、オリジナルマシンの高度な技術を使って肥厚爪ケアを行います。皮膚に食い込んでいる部分を痛みなく取ることが出来ます。リラックスして寝てしまう方がいるほどです。

衛生的

爪を削る際にオリジナルマシンの先から水が噴射されることによって摩擦熱を抑え、爪の粉塵が空気中に舞うことがなく衛生的です。衛生的であることは、高齢者の多い施設でご利用いただける理由の1つとなっています。

定期的なケアできれいな爪に

分厚くなった爪は、余分な部分を削ると小さくなります。小さくなった爪が正常に伸びていくように、期間をあけて数回に分けてケアを行います。定期的なケアによって、きれいな爪に生まれかわります。

足元から健康をつくる 「ドクターネイル爪革命」

『ドクターネイル爪革命』は、痛い巻き爪や魚の目などの一般的な足のトラブルを処置できることをはじめ、肥厚爪や高齢者のフットケアまでトータルフットケアができる専門店です。

痛いと思われる爪のケアも「切る」処置ではなく、最も負担の少ない「削る」処置を行うなど、お一人おひとりに合った処置方法を行います。そのため、大変多くの方にリピートしていただいているのです。

また、全国に加盟店が広がっており、年間6万件以上の足のトラブルに対応実績があります。

神奈川・岩手・宮城・福島・東京・茨城・埼玉・千葉・新潟・石川・長野・静岡・愛知・大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・広島・愛媛・高知・福岡・大分・沖縄に加盟店があり、今後も続々出店予定です。

足のトラブルにお悩みの方は、最悪のケースになる前に、ぜひ『ドクターネイル爪革命』へご相談ください。

高齢者施設へのフットケア導入相談

ドクターネイル爪革命のフットケアサービスを施設に導入したいとお考えの方は、こちらの窓口からご相談ください。痛みのないケアを知って頂くために無料体験会も実施しています。